BEA買収にみるサービス化の進展(ZDNet Japanブログより)

徳田浩司(Fusion Reactor) 2008年01月17日 22時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 正月から、さっそく動きが出てきた。

 BEAといえば、ミドルウエアに特徴のある企業だが、SOAやSaaSなどに強く、ついにOracleが買収することになった。エンタープライズソフトの提供者がだんだんと少数に集約する動きが、加速していると感じる。Oracleは、直接サービス化に参入するのは当面はないと思う。まだまだパッケージ売りで儲けるビジネスを展開するだろうから、当分はM&Aで事業拡大の方向で行くと思われる。しかし、将来、現在の延長線上による成長戦略にかげりが出はじめたら、サービス化を展開してしまう日が来ないとは限らない。

全文はこちら--「シリコンバレーの現場から」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?