セールスフォースドットコム、Force.comの新しい利用料金を発表

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年01月18日 12時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは米国時間1月17日、同社のForce.comプラットフォームで開発されたアプリケーションを従来より低価格で利用する方法と、Eclipseベースの開発ツールの詳細について発表した。

 現在、Salesforce.comのホステッド開発プラットフォームであるForce.comは、同プラットフォーム向けに開発されたアプリケーションを利用する場合、時間無制限でユーザー1人あたり月額50ドルの料金がかかる。

 同社は、アプリケーションの費用をログイン毎に5ドルとし、1カ月のログイン回数を最大5回とするもう1つのオプションを追加した。同社のデベロッパーマーケティング部門でバイスプレジデントを務めるAdam Gross氏は、このオプションについて、休暇届を提出するためのプログラムなど頻繁には利用しないアプリケーション向けのものであると説明する。

 Salesforce.comはまた、同社のEclipseベースの開発ツールのアップグレードについても発表した。同ツールは、ウェブアプリケーションのユーザーインターフェース部分を開発することを容易にするために設計されている。

 プログラマーは、Forceコードをソースコード管理システムに保存することが可能になっている。さらに、開発中にアプリケーションをテストするためのサービスForce「Sandbox」も追加された。

 Gross氏はこの開発プラットフォームの新しいコンポーネントについて、プログラマーにこれまで以上に洗練されたオンデマンドアプリケーション開発用のツールを提供するためのものである、と語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!