物理ディスクを追加する際、persistent superblockが存在しなかった場合に出力するメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年01月21日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

md: nonpersistent superblock ...

対処

システムブート時のRAID構成の自動認識を行う場合は、persistent-superblockオプションを指定してmdデバイスを作り直す必要がある。

説明

新しくmd(Multiple Device)デバイスに物理ディスク(当該パーティション)を追加する際、,mdデバイスにpersistent superblockが存在しなかった場合に出力する。

persistent superblockとはmdデバイス初期化時、persistent-superblockオプションを指定すると作成されるデータブロックであり、システムブート時のRAID構成の自動認識で利用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR