I/O APICの情報表示を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年01月21日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IOAPIC[%d]: apic_id id, version version, address address, GSI start-end

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

システム初期化時に表示され、I/O APIC(Advanced Programmable Interrupt Controller)の情報表示を示す。

例: I/O APIC[0]のIDが8番,バージョンが32,I/O APIC内部のレジスタが使用するメモリの開始アドレスがfec00000,I/O APICの割り込み信号に対する。ACPIのGSI(Global System Interrupt)開始番号が0,終了番号が23。

I/O APIC及びLocal APICは共にACPI(Advanced Configuration and Power Interface)によって管理される。ACPIのMultiple APIC Description Table(MADT)のエントリには、以下のリソースが管理される:

ACPI_MADT_LAPIC
ACPI_MADT_IOAPIC
ACPI_MADT_INT_SRC_OVR
ACPI_MADT_NMI_SRC
ACPI_MADT_LAPIC_NMI
ACPI_MADT_LAPIC_ADDR_OVR
ACPI_MADT_IOSAPIC
ACPI_MADT_LSAPIC
ACPI_MADT_PLAT_INT_SRC
ACPIの仕様書: http://www.acpi.info/spec.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから