リスクの高い順に「脅威」を序列すると……(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet) 2008年01月21日 16時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は次の講演に向けた準備を進めています。これまでのプレゼンテーションは、一つのパターンに従ったものでした。実はその中には、私がガートナーでアナリストとして勤務を始めた頃から7年も使っているスライドがあります。それは、“脅威の序列”というスライドで、脅威をリスクの高い順に並べたものです。

 私が講演のために世界中を駆け回り始めた頃、私はサイバー犯罪を撲滅するためにパワーポイントを使っていたわけではありませんでした。それどころか、インターネットにレックス ルーサー(スーパーマンに登場する悪役)はいないとさえ明言していました。時は流れ、ここ2年間は私の講演を聴かれる方に、サイバー犯罪の脅威を認識するよう、説いています。現在では少なくとも10万のレックス ルーサー達が、情報を盗み、サイバー犠牲者から金銭を得るために昼夜、熱心に働いています。

全文はこちら--「脅威のカオスに立ち向かう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?