未公開の脆弱性情報は買ってでも欲しい!--セキュリティベンダーの本音(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet) 2008年01月21日 20時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国の新聞社Guardian(英語)のショーン ハーグレーブは、セキュリティ会社がハッカーから脆弱性や攻撃の情報を買っていると示唆しています。それらの情報は、責任を持つべき開発ベンダーに報告がされる前のものです。

 多くのセキュリティベンダーは、「私たちはお客様をゼロデイ攻撃から守ります」と言える事が、重要な差別化要因です。既知の脅威から、十分に防衛することはもはや難しいことではありません。

全文はこちら--「脅威のカオスに立ち向かう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR