デル、新しいブレードサーバを発売

文:Erica Ogg(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年01月22日 10時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dellは米国時間1月21日、新しいシャーシとブレードデザインを採用し、コネクティビティのオプションを更新した新しいブレードサーバを導入した。「PowerEdge M-Series」サーバは2年間で5万5000人時を投入して開発され、「当社が実施した最も大規模な研究開発プログラムである」とDellのソリューション担当バイスプレジデントであるRick Becker氏は述べている。

 アップグレードされた機能としては、個々のブレードを持ち運ぶための強化されたハンドル、既存の1Gビットイーサネットポートに10Gビットポートを追加できるオプション、KVM(Keyboard、Video、Mouse)スイッチによってリモートまたはローカルから管理できる機能がある。

 PowerEdge M-Seriesは、ブレード市場でDellをしのいでいるHewlett-PackardやIBMといったライバル企業に対してDellが十分に対抗できるようにすることを狙っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR