Officeインターフェースで基幹システムを使おう--MSのOffice Business Applications

藤本京子(編集部) 2008年01月23日 16時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは1月23日、Office systemを基幹業務システムと連携して利用する「Office Business Applications」(OBA)についての説明会を開催した。

 OBAとは、Office systemやブラウザなど、ユーザーが使い慣れたインターフェースから業務システムを利用できる連携ソリューションで、米Microsoftにて2006年6月に構想を発表していたもの。OBAを利用することで、「基幹システムのデータやプロセスを有効に利用でき、業務の効率化や生産性が向上できる」と、マイクロソフト インフォメーションワーカービジネス本部 IWソリューションマーケティンググループ エグゼクティブプロダクトマネージャーの西岡真樹氏は説明する。

西岡氏 マイクロソフトの西岡真樹氏

 具体的なOBA対応アプリケーションとしては、「Duet for Microsoft Office and SAP」や「Microsoft Office PerformancePoint Server 2007」などがある。Duetは、MicrosoftがSAPと共同開発したもので、Officeをフロントエンドとして利用し、SAPのデータにアクセスできるようになっている。例えば、タイムシートや休暇、出張、採用などの管理をOutlook予定表の拡張で利用し、需要計画などはExcelの拡張で、契約書監査などはWordの拡張で利用する、といった具合だ。一度アクセスした基幹システムのデータはクライアント側のキャッシュに残るため、オフラインでも利用できる。

 OBAには、用途に応じて適切なフロントエンドがあると西岡氏は述べ、「例えばデータの加工や分析にはExcelが、ドキュメント作成にはWordが、コミュニケーションにはOutlookが、データ入力にはInfoPathが、ビジュアル化にはVisioが向いている」と説明する。

 OBAを実装した事例としては、製造業のアイシン・エィ・ダブリュが、Office InfoPathとSharePoint Serverを中心としたソフトウェア開発支援システム「ソフト開発ナビ」を構築し、開発工程の可視化やスキルの平準化、文書共有による情報管理などを実現した。

 マイクロソフトでは、今後もOBAをサポートするツールやソリューションを随時リリースする予定だ。西岡氏は、「Officeはクライアントだけではないということを再認識してほしい。OBAを使えば、実ビジネスで基幹システムのデータを有効に活用し、生産性の高い作業環境が実現する」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?