インフォーエスとKDDI、無線LAN対応携帯電話を活用したソリューションで協業

松田真理(マイカ) 2008年01月23日 20時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォーエスとKDDIは1月23日、無線LAN対応のau携帯電話「E02SA」を活用したIP電話ソリューションについて協業することで合意した。

 E02SAは、KDDI初の無線LAN機能を搭載したau携帯電話。1台でVoIPによる内線電話と携帯電話機能の2つが利用できる。両社は中小・中堅企業でもオフィスでIP電話を効率的に利用できるサービスを展開していく考えだ。

 なお、KDDIは、無線LAN対応の携帯電話を利用した内線ソリューションの総称を「OFFICE FREEDOM」とした。インフォーエスはOFFICE FREEDOM認定パートナーとして活動する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?