その時BI市場が動いた--相次ぐ買収劇の背景は?(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2008年01月24日 11時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆様もご存じのとおり、この1、2年の間に、BI 市場におけるプレーヤーの顔ぶれがずいぶんと変わりました。私の耳にもいろいろな情報が入ってきてはいますが、プレーヤーの1人でもある私が他社の動向に茶々を入れてもまともには受け入れられないでしょうから、各社の状況や事情には触れず、あくまで客観的に今後の全体の流れを考えてみたいと思います。

 大手プラットフォームベンダーによる大手BIツール専業ベンダーの買収が、OracleによるHyperion、SAPによるBusinessObjects、IBMによるCognosと、このわずかの期間で進んでいます。ちなみに我がマイクロソフトは事業ではなく人を手に入れる目的で買収を進めることが多いので、ProClarityなど中堅どころの買収にとどまっており、基本的には内製です。個人的にはちょっとつまらないですね、そんなドラスティックな買収劇も経験してみたいものです。

 それはさておき、これら大手BI専業ベンダーが相次いで身売りをした背景には、もはやBI「ツール」がコモディティ化している状況にあるのではないかと思っています。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!