「着物を開く」ってどういう意味?(ZDNet Japanブログより)

Dana Blankenhorn 2008年01月24日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この数年で、「Open Kimono」というフレーズが経済用語として通じるようになった。

 「着物を開く」とはすなわち、透明性を保つこと、正直に話すこと、信頼できる数字を公開することであり、「胸襟を開く」といった意味になる。

 少なくとも経済関連の報道においては、数年前からOpen Kimono時代が続いている。ありとあらゆる企業の取締役が、あたかもジャーナリストのようにブログを執筆しているのだ。中でも、SunのJonathan Schwartz氏のブログは有名である。

 このところオープンソース界は好調なので、わたしたち一般人も、同業界で競い合う真のビジネスリーダーたちがどういった手を打つのか、特等席から眺めさせてもらえる。

全文はこちら--「ZDNet.comオープンソースブログ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!