SCSIドライブの初期化処理で、ドライブをwrite throughモードで扱うことを示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年01月25日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

device name: assuming drive cache: write through

対処

該当ドライブのパフォーマンスを計測し、問題があればこのドライブを検査または交換を実施する。問題がなければ、特に対処は必要ない。なお、USB接続ディスクなどの認識時には、普通に表示されるメッセージである。

説明

SCSIドライブの初期化処理において、ドライブのキャッシュ情報の取得に失敗したため、このドライブをwrite throughモードで扱う。パフォーマンスが低下する可能性がある。

write through:

ディスクキャッシュ操作モードの一つ。書き込み時に、キャッシュに書き込むと同時にディスクにも書き戻し、完了するまで待つ方式を write through と呼ぶ。一方、キャッシュに書き込んだ瞬間に制御を戻し、ディスクへの書き戻しは後ほど非同期に行う方式を write back と呼ぶ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?