Solaris10で8GB以上のファイルが読み込めません

OKWave 2008年01月28日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8GB以上のファイルが読み込めません

RedHatLinux ES4.6 でLTOに書き込んだファイルが
Solaris10 で読み込めなくて困っています。
ファイルサイズが8GB未満の場合は問題ないのですが、
8GBを超えている場合、ディレクトリの検査合計エラーが
出力されてしまいます。

Solaris側でgtarを使えば読み込めることはわかっているのですが、
Solaris側担当は、容易には対応してくれません。
なんとかRedHat側のLTO書き込み時のオプション変更で回避したいのですが、何かよい方法はないでしょうか?

書き込み(RedHat) fileaが33GB
tar cvf /dev/st0 filea fileb

読み込み側(Solaris)
tar xvf /dev/rmt/1

回答

単純にちょん切っちゃうというのはどうでしょう?


tar cvf - /hoge | gzip -9 -c | split -b 1024m - /dev/st0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!