こんな企業買収、私は反対だ(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet) 2008年01月29日 14時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は先週、アーバーネットワークスが、エラコヤネットワークス買収で最終合意に達したというニュースが流れた時、アナーバーに滞在していました。エラコヤ社は、“ディープパケットインスペクション”技術で知られたベンダーです。私は困惑してしまいました。それが“セキュリティ”ではないからです。

 はじめに、いくつかの用語について整理させてください。“DPI(ディープ パケット インスペクション)”とは、ガートナーのアナリストが世に広めた、コンテンツフィルタリングゲートウェイの機能(ワーム、攻撃とウイルスの検知)について表した用語です。そしてある時点から、トラフィックシェーピングを得意とするベンダー(エラコヤ社、アロット社、サンドバイン社)が彼らのデバイスが何をしているか−どのプロトコルを流すか決め、プロトコル毎のスループットを抑えるために、パケットヘッダを確認します−を説明するために、その用語を勝手に使い始めました。いわば、ネットワークトラフィックの良質のサービスです。これらのデバイスは、Skypeなどのプログラムが偽ったプロトコルを使用していないか見つけ出さなくてはならない時のような、稀なケースを除いてペイロードのチェックを全く行いません。

全文はこちら--「脅威のカオスに立ち向かう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!