CPUのクロック周波数を表すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年01月30日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Detected clockMHZ processor.

対処

通知情報のため、特に対処はない。

説明

クロック周波数:clockのCPUを検出した。 システムの起動時に、CONFIG_HPET_TIMERが有効な場合、HPET(High Precision Event Timer)とTSC(Time Stamp Counter)から算出されたクロック周波数を表示する。

HPET(High Precision Event Timer): 定期的なタイマー割り込みを発生させるためのハードウェア。従来の PIT(Programmable Interval Timer)の後継として、より高精度の時間を取得できる。CPU の外部に実装されている タイマー なので CPU の Power Management や Multi-processor による影響を受けない。

PIT(Programmable Interval Timer): 定期的に割り込み信号を発生するタイマー回路で、PC/AT互換機でタイマの割り込みリソースとしてよく使用される。

TSC(Time Stamp Counter): タイム・スタンプ・カウンタ。Pentium以降に実装されたIntel x86 CPUの内部タイマー。TSC レジスタにクロック信号毎に値を加算し、動作を始めてからCPUに供給されたクロック数の総計を記憶する。(例えばクロック周波数が400MHzなら、2.5ナノ秒に1回インクリメントされる。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR