総務省、NGNの接続ルールの答申案を公表

Emi KAMINO 2008年01月30日 14時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は1月29日、「次世代ネットワークに係る接続ルールの在り方」の答申案を公表した。

 次世代ネットワーク(NGN)は、NTT東西が2007年度中に開始を予定。答申案では、他の事業者への開放を義務付けた「第一種指定電気通信設備」にNGNを指定することが適当であるとし、他の事業者への接続条件や料金などの公表が求められる。

 また、NTTのIP電話「ひかり電話」についても、0AB-J番号(一般固定電話の番号)によるIP電話の番号数が500万件に達し、そのうちの75%のシェアをNTT東西が占め、他の事業者にとって相互接続が不可欠なサービスになるとし、第一種指定電気通信設備への指定が必要だと示されている。

 総務省では、同答申案に対して2月28日までパブリックコメントを募集。その結果を踏まえ、年度内にも総務大臣に対して答申する意向だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!