cronに登録していたアプリケーションが起動できなくなりました

OKWave 2008年01月31日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cron起動ができなくなりました。

 Solaris8のマシンを正常にシャットダウンをせず、いきなり電源を切断してしまいました。それ以降、クーロンに登録されていたアプリケーションが動かなくなり、困っています。
 /var/cron/logには以下のようにメッセージが記録されています。
 1.この137とは何を意味するのでしょうか?
 2.また教えてgoo以外でもUNIX関係の、このような「教えて」サイトがありましたらご紹介いただけませんか。

よろしくお願い致します。


> CMD: /c言語で作った実行モジュール名 > /dev/console
> root 3803 c (木) 1月 12 15:05:00 2006
< root 3803 c (木) 1月 12 15:05:00 2006 rc=137
良回答

rc=137 はプロセス(プログラム)のリターンコードです。0が正常終了。1-127は何らかの異常終了で、数字ごとの意味はプログラムごとに違います。128以上はシグナルによる終了で、128を引いた数がシグナル番号です。137だと9ですね。9はSIGKILLで強制終了ということです。通常、他のプロセスを終了させるときは15のSIGTERMで終了させますが、これで終了しないときに9のSIGKILLを使います。

何らかのプロセスからのシグナルによって強制終了されたということです。電源断との関連性はわかりません。

関係ないですが、cronはクロンと読みますが、質問者さんがクーロンと読むようになられた理由は何でしょう?実は某所で「何故クーロンと読む人がいるのか」と話題になっているもので。電気用語のクーロンに似ているからというのが有力説なのですが、今のところ「他の人がそう言っているのを聞いたから」ばかりでいまいちはっきりしません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?