え? 空軍のセキュリティ対策ってその程度?(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet) 2008年01月31日 12時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もし皆さんが私と同じなら、軍隊特有の話し方を目の当たりにした時、視線は空をさまよい、耳鳴りが生じてしまうことでしょう。略語を使うのは愉快ですが、同じ常識を共有するもの同士のみ通用し、部内者と部外者を区別するために機能しています。部外者にとっては、何の話をしているのかよく分からないことは確かです。本日のNetworkworld誌に掲載されたエレン メスマー氏の記事を見てみましょう。彼女は米国空軍中将で、空軍の「サイバーコマンド」の責任者であるロバート エルダー氏にインタビューしています。

 ところで、皆さんに注意を促しておきますが、軍隊では「サイバー」という言葉を名詞として使っています。軍人さんが「サイバーは重要だ」という時、それは「ネットワークは重要だ」というような意味です。ですから、「サイバーコマンド」と言えば、コマンド(司令)機能を提供するためにネットワークを利用することを意味すべきなのに、空軍はまたしても私たちの言語を乱用して、どうやら、「ネットワーク管理」のつもりで使っています。空軍の中に、ネットワーク管理に責任を負うグループがあり、それを率いているのがロバート エルダー中将です。

 さあ、彼の話を聞きましょう。

全文はこちら--「脅威のカオスに立ち向かう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!