サイボウズ、クロス・ヘッドの株式をテクマトリックスに譲渡

浅賀美東江 2008年01月31日 20時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは、1月30日開催の取締役会において、連結子会社であるクロス・ヘッドの株式を、テクマトリックスに譲渡することを決議した。

 株券引渡しは、1月31日の予定。所有株式3867株のうち、2528株を譲渡し、移動後の所有株式は1339株、所有割合は17.6%となる。なお、譲渡後、クロス・ヘッドは、サイボウズの子会社に該当しない。

 クロス・ヘッドは、ネットワークインフラの構築、およびオンサイトサービスの請負をコア事業としている。また、保守、運用サービスにおける技術蓄積を活かし、MSP(Management Service Provider)事業を展開。24時間365日の監視センターを有している。

 一方のサイボウズは、中小規模向けウェブ型グループウェア「サイボウズ Office」や、大規模向けウェブ型グループウェア「サイボウズ ガルーン」を中心としたソフトウェア製品を提供している。

 また、株式の譲渡先となるテクマトリックスは、すでにクロス・ヘッドの33.4%の株式を所有し、クロス・ヘッドを、持分法適用関連会社としている。

 サイボウズでは、テクマトリックスがクロス・ヘッドを連結子会社化し、顧客企業のシステム・ライフサイクル全体を支援する体制を整えることが、クロス・ヘッドの企業価値向上に繋がるものと判断し、このたびの決議にいたったとしている。また、このたびの株式譲渡にともなう、平成20年1月期の業績に与える影響については、現在算定中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!