グーグル、「Google Social Graph API」を公開

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月04日 11時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、いかにして早く大きくさせるか、という新しいソーシャルネットワークやアプリケーションが直面する問題の解決に乗り出している。

 Googleは米国時間2月1日、ウェブ上のユーザーを容易にリンクするアプリケーションの開発を可能にする「Google Social Graph API」を発表した。このAPIは、TwitterやMySpace.comなどのユーザーのアカウントとユーザーの友人およびそのアカウントとの一般に公開されている関係を活用し、アプリケーションがその情報に公的にアクセスすることを可能にする。したがって、このAPIを利用して開発された新しいネットワークに参加する場合、ソーシャルネットワークのコンタクトリストを再構築する必要がない。

 Googleでエンジニアを務めるBrad Fitzpatrick氏は、このAPIについて、ブログに投稿したエントリで次のように説明している。「全く新しい優れたソーシャルネットワーク用のアプリケーションが完成したとする。早くみんなに使ってもらいたい。だが、ここで1つ問題が。人々に参加してもらったとしても、彼らにはそのサイトに知り合いが全くいない。アプリケーションを他のユーザーと共有することができないため、彼らは1人ぼっちで、そこでの体験を楽しむことはできない。友人を検索して全員に参加してもらうよう呼びかけることもできるが、ご承知のとおり、それは他のどのアプリケーションもしていることで、ユーザーはもううんざりしている。彼らはアドレス帳をインポートする方法も試みたが、これにも問題があった。そこにすべての友人のメールアドレスが登録されているわけではないからだ(特に、別のソーシャルネットワーキングサイトで知り合っただけ、という場合)。開発者はどうすべきか?」

 このAPIが登場しても、ここ最近筆者の元へ送り付けられてくるNotchUpからの招待状が止まることはないだろう。だが、次に来るソーシャルネットワークで日の目を見る可能性はある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!