GMO、レジストラと認証局の連携による初のSSLサーバー証明書発行サービス

吉澤亨史 2008年02月04日 11時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットは1月31日、同社が運営するドメイン登録サービス「お名前.com」において、グローバルサインとの共同開発による世界初のレジストラと認証局の連携によるSSLサーバー証明書発行サービス「お名前.com×グローバルサインSSLサーバー証明書サービス」の提供を開始したと発表した。

 本サービスは、ドメインレジストラと認証局が認証プロセスの連携を行うことで、スピーディーな発行が可能となったSSLサーバー証明書サービス。「お名前.com」でドメイン登録しているユーザーや、これから登録するユーザーは、申請手続きに手間をかけることなく、グローバルサインの提供する「クイック認証SSL」を上回るほぼリアルタイムのスピードでSSLサーバー証明書を取得することができる。

 具体的には、「お名前.com」でのドメイン登録情報を本人認証に使用するため、本人確認用のメールアドレスの用意や本人確認用の書類手配、メールによる承認作業などが完全に不要となり、手続きを大幅に簡略化できる。また、グローバルサインの「スキップ申込サービス」の技術を採用することで、ユーザーが秘密鍵とCSRを作成することも不要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR