MSの「頼んでもいない」提案をヤフーはどう評価するのか(ZDNet Japanブログより)

徳田浩司(Fusion Reactor) 2008年02月04日 15時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回のエントリーで、マイクロソフトからの買収提案を受けて、ヤフーからプレス発表が行われたものを、追記で載せた。

 これはヤフーのプレス発表を、Yahoo翻訳で英日翻訳したものである。

  Yahoo! Board of Directors to Evaluate Unsolicited Proposal From Microsoft
マイクロソフトの頼んでもいない提案を評価するYahoo!取締役会

SUNNYVALE, Calif., Feb 01, 2008 (BUSINESS WIRE) -- Yahoo! Inc. (Nasdaq:YHOO), a leading global Internet company, today said that it has received an unsolicited proposal from Microsoft to acquire the Company. The Company said that its Board of Directors will evaluate this proposal carefully and promptly in the context of Yahoo!'s strategic plans and pursue the best course of action to maximize long-term value for shareholders.

SUNNYVALE、カリフォルニア、2008年2月01日(BUSINESS WIRE)−Yahoo!社(NASDAQ:YHOO)(主要な世界的なインターネット会社)は、今日、それが社を得るというマイクロソフトからの頼んでもいない提案を受け入れたと言いました。社は、その取締役会がYahoo!の戦略的な計画の前後関係で慎重に、そして、すぐにこの提案を評価して、株主のために長期の価値を最大にするために最高の行動方針を進めると言いました。

 「頼んでもいない」という訳語はとてもおかしいが、これを見る限りでは、個人的な見解だが、M&Aは成立する可能性が高いと思われたと、書いた。

全文はこちら--「シリコンバレーの現場から」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR