MSのヤフー買収提案はサービス化へのギアチェンジ(ZDNet Japanブログより)

徳田浩司(Fusion Reactor) 2008年02月04日 15時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サービス化の進展を表す、ビッグニュースが新たに飛び込んできた。

 1月31日、マイクロソフトがヤフーに対し、446億ドルで買収する買収提案を行ったことを発表したのだ。買収提案は今回がはじめてではなく、過去はいずれもヤフーが退けており、今回これが実現するかどうかはわからない。しかしながら、通常は水面下で進めるものを、今回は先に正式発表を行うなどかなり真剣で、マイクロソフトの危機感は非常に大きいことがうかがえる。ITの付加価値の所在が、ハードウエア・ソフトウエアから、サービスにシフトを続けているからだ。

 マイクロソフトも独自のポータルサイト、MSNを持つが、王者Googleに対し、差が広がる一方だ。マイクロソフトはOSでデファクトであるし、 Linuxなどオープンソースにおける対抗馬があっても、OS事業においては今後も王者として君臨するに違いない。ウインドウズは、デファクトとして進みながら、数年置きにバージョンアップを繰り返し、上位のミドルウエアを吸収して、買い替え需要を起こしてきた。しかし、それも今後は通用しなくなる可能性が高い。

 新しい異変が起こっているからだ。

全文はこちら--「シリコンバレーの現場から」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!