「Vista SP1」と「Windows Server 2008」の開発が完了

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月05日 10時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最高責任者(CEO)Steve Ballmer氏は米国時間2月4日、経済アナリストに対し、「Windows Server 2008」と「Windows Vista Service Pack 1」の主力2製品の開発が完了したことを明らかにした。

 Ballmer氏は、「両製品とも本日より量産体制に入った、良いニュースだ」と語った。

 Ballmer氏は、現在1万台のシステムをアップグレード中のContinental Airlinesなど、企業でWindows Vistaが大量に採用されているいくつかの事例について強調した。

 「法人での展開は不振を脱しつつあると思う、Service Pack 1はそれを大きく後押ししてくれるはずだ」とBallmer氏は語る。

 4日にMicrosoftのブログに投稿されたエントリによると、同社はVista Service Pack 1を3月中旬よりWindows Updateを通して配布する。

 Windows Server 2008について、Microsoftでは、27日にロサンゼルスで開催されるイベントの場で正式に発表する予定。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!