インテルの「Skulltrail」プラットフォーム--課題は8コアのパワーを生かせるタイトルの不足か

文:Rich Brown(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年02月05日 12時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さまざまなテクノロジマニアのサイトは米国時間2月4日、Intelが発表した、間もなく発売予定の8コアデスクトッププラットフォーム(開発コード名「Skulltrail」)のベンチマークを披露して、熱狂している。8コアのコンピューティングシステムならすでにAppleの「Mac Pro」を使用するか、またはIntel「Xeon 5400」プロセッサを2個使用することで実現できるが、Skulltrailはわれわれの知る限り、ハイエンドのワークステーションコンピューティングおよびPCゲーミングを念頭に置いた初の8コアプラットフォームである。Skulltrailのマザーボードは2個のCPUをサポートしているだけでなくNVIDIAの「SLI」やATIの「CrossFire」といったマルチグラフィックスカード規格もサポートしている。問題は、SkulltrailにいくらパワーがあってもPCゲームがそれに十分に対応していない点である。また、もっと優れた8コアソリューションがまもなく登場する可能性もある。

 現行のあらゆる8コアマシンと同様に、Skulltrailも2個の4コアCPUを1枚のマザーボードに装着することによって8ウェイコンピューティングを実現している。Skulltrailシステムを構築するために実際に必要となるIntel「D5400XS」マザーボードと2個の3.2GHz Intel「Core 2 Extreme QX9775」4コアCPUは、「第1四半期後半」にならないと発売されないし、具体的な価格や発売日もわかっていない。IntelはQX9775 CPUは現行の最高級CPUである「Core 2 Extreme QX9650」の1100ドルよりも高価になるだろうと認めている。

 Skulltrailは、ワークステーションプラットフォームとしてはたぶん理にかなっている。一部のアプリケーションは8コアの処理能力の恩恵を受けるだろうし、きわめて強力なCPUパワーを必要としているプロダクションハウスやデザイナーを引きつけることができるはずだ。しかしゲーマーにとっては、Skulltrailはいくつかの理由であまりにも大げさすぎる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!