マイクロソフト、Windows Server 2008日本語版の開発を完了

CNET Japan Staff 2008年02月05日 16時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは2月4日(米国時間)、次期サーバOS「Microsoft Windows Server 2008」日本語版の開発が完了したと発表した。

 日本時間の2月5日より、MSDNおよびTechNetの会員向けにダウンロードよる提供を開始する。ボリュームライセンスでの発売は3月1日から。パッケージ製品およびWindows Server 2008搭載サーバ製品の発売開始日は未定。

 Windows Server 2008は、仮想化プラットフォームを提供する「Hyper-V」テクノロジや、Internet Information Services 7.0(IIS 7.0)、PCの検疫テクノロジを提供するネットワークアクセス保護機能(Network Access Protection、通称NAP)およびサーバ管理機能を提供する「Server Core」、「Windows PowerShell」、「Server Manager」などの新機能を搭載する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!