ICANN、IPv6への移行を本格的に開始

文:David Meyer(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月06日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE インターネットのアドレスシステムを維持、管理する非営利団体Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)が、IPv6(Internet Protocol version 6)に準拠した最初のIPアドレスをルートサーバに追加した。これにより、IPv4からIPv6への大規模な移行が本格的に開始した。

 ICANNは米国時間2月4日、世界に13台あるルートサーバのうちの6台の適切なファイルとデータベースに初めてIPv6アドレスを追加したと発表した。ルートサーバには、すべてのトップレベルドメイン名のマスターリストを構成するデータベースが入っている。従来、これらのルートサーバネットワークはIPv4にしか対応していなかった。そのため、IPv6のユーザーは、IPv6をIPv4と一緒に運用するしかなかった。

 ICANNのインターネットサービスおよび接続プロバイダー部門担当チェアマンであるTony Holmes氏は、「IPv6は、われわれの未来にとって必要不可欠な要素となる。そして、パブリックインターネットの成長、安定性、信頼性を実現するためには、ルートサーバでの(IPv6の)サポートが欠かせない。ISPコミュニティーは、パブリックインターネットの持続的進化の一環として、今回の措置を歓迎している」と述べる。

 現在、ほぼすべてのIPアドレスにIPv4が使用されているが、IPv4アドレスの長さでは、順列の数はおよそ40億個が限界だ。今後、インターネットの利用者やインターネット接続機能を持つ機器の数が増えれば、たちまちIPアドレス不足に陥ってしまう。

 今後、企業はIPv6への移行開始を迫られることになる。IPv6はIPv4よりも長い文字列を使用するため、約3.4×10の38乗個のIPアドレスの作成が可能になる。IPv6は、大企業では少し前からすでに利用されている。大企業では、多くの従業員がセミプライベートのネットワークに接続する必要があるからだ。しかし、ICANNの今回の措置は、IPv6へのより広範な移行の開始を意味する。

 ICANNの調査担当バイスレジデントであるDavid Conrad氏は、IPv6アドレスをルートサーバに追加することにより、「IPv6ネットワークへのエンドツーエンドの接続性が向上し、世界の相互運用可能なインターネットの成長が促進される」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!