PeopleSoft創業者のベンチャーWorkday、Cape Clearを買収

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月07日 12時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホステッド・ビジネス・アプリケーション・プロバイダーのWorkdayは米国時間2月6日、統合オンデマンドサービスの構築を目指し、Cape Clearの買収を発表した。

 金銭的条件は明らかにされていない。

 PeopleSoftの設立者であるDave Duffield氏が2006年に立ち上げたWorkdayは、人材管理や経理など従来型のERPビジネスアプリケーションのオンライン版を販売している。

 Cape ClearのEnterprise Service Bus(ESB)と呼ばれている標準ベースの統合ソフトウェアは、Workdayが自社製品への追加を計画している統合オンデマンドサービスの基盤をなすものだ。統合サービスにより、WorkdayのアプリケーションとMicrosoftの「Office」など他社のアプリケーションとの間で情報のやり取りが可能になる。

 Workdayは、このソフトウェアを業務で使用しているCape Clearの既存顧客に対してサポートを継続していくと述べている。Cape Clearの設立者であり最高経営責任者(CEO)を務めるAnnrai O'Toole氏は、統合部門担当バイスプレジデントとしてWorkdayに加わる予定だ。

 Cape Clearは、初期のウェブサービス通信プロトコルを利用した製品の構築を行った最初の企業の1つで、2001年に設立され、アイルランドのダブリンを拠点としていた。大手ソフトウェア企業が独自のESBを構築するようになって以降、苦戦するようになった。

 O'Toole氏は自身のブログで、今回の買収は、統合ソフトウェアの技術がオンデマンドソフトウェアとサービス志向アーキテクチャ(SOA)にとりいかに欠くことのできない存在であるかを示すものだ、としている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!