ラックがTCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツールを開発

編集部 2008年02月07日 21時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラックは7日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が6日に公開した「TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツール」を、自社が開発したと発表した。3年前にIPAから受注し、開発を進めていたという。

 TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツールは、TCP/IPを実装する製品の開発者を対象に、無償で提供されている脆弱性検証ツール。近年、情報家電やモバイルデバイスといった組み込み機器にTCP/IPを実装したソフトウェアが搭載されるようになったが、現状ではこうしたソフトウェアの多くに脆弱性が発見されている。また、IPAによると、既知の脆弱性であっても、新規に開発されるソフトウェアに脆弱性が含まれるケースがあるとしており、こうした問題に対処するため、本ツールを開発し6日から提供を始めたという。

 IPAでは同ツールの開発実施者としてラックを、開発協力として、インターネットイニシアティブ、有限責任JPCERTコーディネーションセンター、NEC、パナソニックコミュニケーションズ、日立製作所、富士通、松下電器産業、ヤマハを挙げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから