アップル、「QuickTime 7.4.1」をリリース--脆弱性を修正

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、緒方亮、福岡洋一 2008年02月09日 01時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間2月6日、「QuickTime 7.4.1」をリリースした。このアップデートの対象OSは、「Mac OS X v10.3.9」「Mac OS X v10.4.9」以降、「Mac OS X v10.5」以降、「Windows Vista」および「Windows XP SP2」だ。QuickTime 7.4.1は、「CVE-2008-0234」に詳述された脆弱性を修正している。

 Appleによれば、アップデート前のQuickTimeは、ユーザーが悪意のあるウェブページに誘導されると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行されたりするおそれがあるという。これは、RTSPをトンネリングするときのHTTP応答の処理で発生するヒープバッファオーバーフローによるものだ。Appleはこの脆弱性を報告した研究者名を明記していない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!