システム起動時に表示され、IPMIのバージョンを示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年02月12日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ipmi message handler version version

対処

通知情報のため、対処の必要なし。

説明

システム起動時に表示され、IPMI(Intelligent Platform Management Interface)のバージョンを示す。

IPMI準拠のシステムにおいて各ハードウエア部品を管理する通常BMC(Baseboard Management Controller)と呼ばれるマネジメントコントローラがシステム内の各センサーから各部品の温度、電圧や稼動状態に関する情報を自動的に集め、イベントログに保存する上、異常状態を検知した場合、システムインターフェースを通じて管理システムにイベントを通知する。このため、管理側から定期的に各部品の状態をポーリング(polling)する必要がなく管理に使用されるプロセッサのオーバーヘッドが減軽される。

また、マネジメントコントローラ間はIPMB(Intelligent Platform Management Bus)を通じて通信することが可能である。各マネジメントコントローラには、SDR(Sensor Device Record)と呼ばれるメモリにシステム内の部品構成及びセンサーに関する情報が保存される。

Linuxは、ipmi_msghandlerドライバでカーネルに対してIPMIをアクセスするためのインターフェースを提供し、 ipmi_devintfドライバでユーザアプリケーションに対してioctlインターフェースを提供する。ipmi_siドライバはKCS, SMIC, Btなど、様々なシステムインターフェースを提供する。これらのドライバはキャラクタドライバとして実装されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから