auditサービスのAF_NETLINKソケットを初期化するというメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年02月13日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

audit: initializing netlink socket (enabled|disabled)

対処

通知メッセージのため該当せず。

説明

auditサービスのAF_NETLINKソケットを初期化する。

このメッセージは、ブート時行うauditサービスの初期化の際に、auditサービスが使用するAF_NETLINKソケットをオープンする前に出力する。当該ソケットのオープンに失敗した場合、以下のメッセージを出力する。


cannot initialize netlink socket
このメッセージの出力の有無によって、auditサービスのセットアップが成功したか否かを確認できる。

メッセージテキスト中のenable|disable表示は、ブートパラメタauditで指定したauditサービスの無効/有効の状態を表す。auditパラメタを省略した場合、disableと表示される。この状態は、本メッセージ出力後出力される以下のメッセージの表示によって確認できる。


audit: enabled|disabled ・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!