ティブコ、SOAを簡素化する「ActiveMatrix 2.0」発表--50%の生産性向上とTCO削減

CNET Japan Staff 2008年02月13日 01時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TIBCO Softwareは2月11日、異種環境におけるSOAを効率よく管理できる新製品「TIBCO ActiveMatrix 2.0」の提供を開始した。同製品は、SOA統合、複合アプリケーション開発、および単一プラットフォーム下でのガバナンスを可能にする拡張機能を搭載。従来手法に比べ、最大50%の生産性向上および所有コスト削減を実現できる。

 TIBCO ActiveMatrix 2.0は、「TIBCO ActiveMatrix Service Grid」「TIBCO ActiveMatrix Policy Manager」「ActiveMatrix BusinessWorks」「ActiveMatrix Service Bus」で構成されるスイート製品。

 サービスの開発、導入、管理に関わる技術的コーディングの代わりに、ビジネス分析者、設計者、開発者および管理者がアプリケーション開発を簡素化できる共通の環境を提供。ガバナンスおよび管理機能により、アプリケーションの容易な導入、サービス変更を必要としないポリシー適用、アプリケーションを継続的に稼動するためのロードバランスや耐障害性などの機能を単一のコンソールで実行できる。

 同製品は、単体で購入できるほか、「TIBCO SOA スターター・バンドル」「TIBCO インテグレーション・バンドル」「TIBCO コンポジット・アプリケーション・バンドル」の3つのパッケージで提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!