日本ベリサイン、ドメイン認証SSLサーバ証明書を販売する新会社を設立

吉澤亨史 2008年02月14日 17時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは2月14日、同社の100%子会社であるソートジャパンの社名を日本ジオトラストに変更したと発表した。新会社では、ジオトラストブランドのドメイン認証SSLサーバ証明書の提供を、各社パートナ経由およびオンライン販売により行っていく。

 ソートジャパンは日本ベリサインが2006年2月に設立し、ソートブランドのドメイン認証SSLサーバ証明書を提供している。また、米ベリサインによる米ジオトラストの買収に伴い、2007年7月より日本においてもジオトラストブランドのSSLサーバ証明書も販売している。

 社名変更によってジオトラストブランドおよびソートブランドの事業を統合することで、主に企業認証を伴わない暗号通信に特化したドメイン認証SSLサーバ証明書市場における販売およびサポート体制の強化を図り、幅広い商品とサービス提供レベルのさらなる向上を目指す。

 なお今後は、日本ジオトラストからSSL暗号通信機能に特化した「ジオトラスト クイックSSL プレミアム」および「ソートSSL123 サート」を販売する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!