ラウンドアップ:ZDNet Japan BIフォーラムを一気読み

ZDNet Japan編集部 2008年02月18日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ラウンドアップ】 

 ZDNet Japanは2月7日、六本木アカデミーヒルズ(東京都港区)において「ZDNet Japanソリューションフォーラム2008--迅速な意思決定でビジネスチャンスを逃がさないリアルタイムBI」を開催した。

 ビジネスインテリジェンス(BI)と言えば、データウェアハウスやデータマート、多次元分析、レポーティングなどが思い浮かぶ。

 これまでのBIは、業務で発生したトランザクションデータから必要なデータを抽出し、クレンジングしてデータウェアハウスや多次元キューブに蓄積。それを分析して情報として活用するというバッチ処理が中心だった。このBIは、現在でも有効なソリューションとして多くの企業で活用されている。

 しかし、ビジネス環境がめまぐるしく変化する今日では、指標(KPI)に基づいてプランニングを行い、その計画を実行し、実行結果を分析、次のプランニングにつなげるという、PDCA(Plan、Do、Check、Action)サイクルをリアルタイムに実現するBIが求められるようになってきた。

 また、インターネット上の風評やブログの書き込み、コールセンターに寄せられる意見や問い合わせなど、数値データ以外のデータも分析できるテキストマイニングを活用したリスク管理も注目されている。

 今回のZDNet Japanソリューションフォーラムでは、こうした新しいBIの潮流、リアルタイムなBIについて紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?