カーネル内で不具合を検出したというメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年02月19日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kernel panic - not syncing: buf

対処

buf として示されている出力や、その直前に出力された出力などを参考に、なぜカーネルパニックが発生したのか調査する。

説明

カーネル内で buf で示される不具合を検出した。

出力契機としては、カーネル内で panic() 関数が呼ばれた際に出力される。

panic() 関数が呼ばれると、カーネルパニックが発生し、システムは停止状態となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR