Googleが参入するビデオ広告はユーザーに受け入れられるか?(ZDNet Japanブログより)

Garett Rogers 2008年02月19日 14時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがディスプレイ広告分野に参入するようだ。同サイトで一般的な検索をすると、結果一覧の隣にディスプレイ広告が表示されるようになるという。問題は、こうした新種の広告がユーザーに受け入れられるかという点である。

 表示されるビデオに意味があり、ページの変更がほんのわずかであるならば、受け入れられないはずはないとわたしは思う。ユーザーがGoogleの広告をうっとうしく感じないのは、それが控え目なものだからではなく、検索結果に合致しているからだ。

 一般的なユーザー(普通のGoogle広告も実際にクリックしてみる人々)は、探している情報と関係があるなら、広告の種類は問わないだろう。というより、それが広告であることすら気づかないかもしれない。

 「Googleの実験的な試みを、果たしてユーザーは受け入れるのか。

全文はこちら--「グーグリングGoogle」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR