NECとSAP、協業をグローバルに拡大--SAP関連要員を600人体制に拡大

田中好伸(編集部) 2008年02月19日 21時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとSAPジャパンは2月19日、ソリューションなどの開発・マーケティングから販売にわたる協業をグローバルに開始することで合意したことを発表した。

 今回は(1)NEC製のハードやソフトのSAPソリューションへの組み込みと共同でのマーケティング、(2)システムインテグレータ(SI)分野でのソリューションの共同開発・マーケティング、(3)アプリケーションサービス事業の共同展開、(4)要員育成、研究開発での協業――の4点で新たに協業する。その第1弾として、アジア地域での展開を開始、他地域への拡大を検討するとしている。NECは、今回の協業で成長率の高いアジア地域でのSAP関連要員を強化、現在の300人体制から2010年に600人体制への拡大を図る。

 NECはまた、今回の協業に加え、独SAPと「グローバルテクノロジーパートナー契約」を締結している。NECはこの4月にも、SAP製品の基盤として活用可能なサーバ・ストレージを認証する「NEC SAPコンピテンスセンタ」を独SAP内に開設する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!