プロセッサのローカルAPICの構成情報として、ACPIのテーブル情報を使用するというメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年02月25日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Using ACPI for processor (LAPIC) configuration information

対処

通知情報のため、対処は不要である。

説明

システム起動時に、プロセッサのローカルAPICの構成情報として、ACPIのテーブル情報を使用することを宣言する。ACPIのMADT (Multiple APIC Description Table)ではなく、BIOSが用意するMPテーブル(MPコンフィギュレーションテーブル)に設定されたAPIC情報を使用する場合に表示されるメッセージである。

MADTのAPIC情報を使用する場合は、以下のメッセージが表示される。

Using ACPI (MADT) for SMP configuration information

APIC(Advanced Programmable Interrupt Controller): x86アーキテクチャのマルチプロセッサ環境で使用するための割り込みコントローラ。CPUに内蔵されるローカルAPICと、I/Oからの割り込みを管理するIOAPICの2種類が存在する。

ACPI(Advanced Configuration and Power Interface): 電源制御と構成要素に関する公開された統一規格。MADT(Multiple APIC Description Table)は、APICの構成情報を持つACPIのテーブル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!