早いもので2月も最終週--iPhone向けSDKの公開に期待高まる

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月26日 13時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneに新しい歴史が刻まれそうだ。iPhoneがスマートフォンの世界でどれだけ躍進するかを占うソフトウェア開発キット(SDK)がまもなく公開されるはずなのである。

 2007年6月末の発売以来、多くのソフトウェア開発者によって非正規のアプリケーションが作られてきたiPhone。そんなiPhoneのSDKを今週公開することで、Appleは、これまで非正規のソフトを作成せずに待ってきた誠実なコーダーたちの期待に報いることになっている。Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は、サードパーティーによるiPhone向けネイティブアプリケーションの開発を可能にするため正式なSDKを2008年2月に公開すると、2007年10月時点で述べていた。

 いよいよ2月も最後の週となり、iPhoneやiPod Touchのソフトウェア開発についてAppleの考えを知りたいと、期待が高まっている。

 しかし、発表までもうしばらく待つ必要がありそうだ。先週末、Business WeekはSDKの公開が3月に延期されたと報道し、さらに25日にはThe Unofficial Apple Weblogが、最初に発表されるSDKはアルファかベータ版で、正式版は2008年後半に公開されるだろうと報じている。Appleの関係者は25日、SDKを2月に公開する計画について変更はないと述べた。

 Appleは米国時間火曜日に発表を行うことが多いので、SDKにしろ、最近噂になっているあれやこれやといった製品についても、これからしばらく注意が必要そうだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!