MS、新オンライン広告測定システムのプライベートベータ版をまもなく提供

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年02月26日 14時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年MicrosoftがaQuantiveを買収した後(そして同社が初めてのYahoo買収を試みて失敗したと伝えられていた後に)、同社関係者はウェブサーチの結果が、オンライン広告の成功を測定する唯一または最善の方法として見なされるべきではないことを熱心に説明したがっていた。

 Microsoftは米国時間2月25日、以前は漠然と「conversion attribution」と言及していた広告測定システムに対し、新たな名称と具体的な開始計画を与えた。

 Microsoftが新たに提案する広告測定基準は、今では「Engagement Mapping」と呼ばれている。そして「Engagement ROI」(投資収益率)は、「Atlas Media Console」のための新しい統合報告機能である。これはaQuantiveの広告プラットフォームのひとつであったが、現在ではMicrosoftが所有している。

 Engagement ROIのベータ版は3月1日に開始する予定だ。Microsoftによると、この「結果は第2歴四半期末までには得られる見込みである」という。このベータはプライベート版となる。テスターには、Microsoftの少数の主要な広告クライアントが含まれている。Ag?ncia Click + UNICA、Best Western International Inc.、BKV、Citi Cards、GSD&M Idea City、The Martin AgencyのIngenuity Media、Initiative、McKinney、MEC Interaction、Mindshare Interaction、Monster Worldwide Inc.、Neo@Ogilvy、Sprint、World Visionなどである。

 Engagement ROIは「 近時性、頻度、サイズ、広告フォーマット(リッチメディアや動画など)が消費者の行動に結びつくオンラインパスに対し及ぼす影響」を考慮に入れるという。

 ここでの言外の意味だが:ユーザーはある製品をGoogleの検索により発見したために購入するのではない。むしろ購入前に複数の異なるインターネットサイトにアクセスしている。MicrosoftのAdvertising and Publishing Solutionsシニアバイスプレジデントを務めるBrian McAndrews氏によると、このような行動を追跡することが大切であるというのだ。同氏は昨年、「ユーザーのアクセスを促す功績を認められたサイトこそが、支払いを受けるサイトなのである」と説明していた。

 McAndrews氏は昨年、データの追跡は「個別の人々ではなく、個別のコンピュータの電子署名」から集められることになると述べていた。Microsoftはユーザーの行動を、Engagement ROIまたはEngagement Mappingの一環としてどのように測定するかについて、具体的な話はいっさいしていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから