MS製品の海賊版購入を促すスパムが届いていませんか?

冨田秀継(編集部) 2008年02月26日 14時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ担当者の方はユーザーからここ数日、Microsoft製品の海賊版購入を促すスパムメールが届いているという苦情を受けていないだろうか?

実際には同様のスパムがもう少し届いていた 実際には同様のスパムがもう少し届いていた

 米国のセキュリティ機関SANS Instituteは2月25日、運営するブログにIf site not apeared - Click Hereとのエントリを掲載し、この迷惑メールに注意するように呼びかけている。

 このスパムは一見、典型的な海賊版ソフトウェアの販売を目的としたもののように読める。

 メールに記載されているURLはGoogleのブログサービス、Bloggerのアドレスであるblogspot.com。しかし、ブログで海賊版を販売しているのかというと、そうではない。ブログには実質、中身がなく、”If site not apeared - Click Here .”(サイトが表示されない場合は、こちらをクリック)とのメッセージが表示されるだけだ。

 リンクこそ用意されているものの、実際にはMETAタグにrefreshが挿入されており、アクセスしたユーザーをほぼ瞬時に海賊版販売サイトへ飛ばす仕組みだ。

ブログにはURLが記載されているが、SANSではアクセスを推奨していない ブログにはURLが記載されているが、SANSではアクセスを推奨していない
上のWebページのHTMLソース 上記WebページのHTMLソース。当然なのだが、Firefox+NoScriptでも飛ばされる

 ユーザーへの呼びかけとしては、基本的な対策「不審なURLにはアクセスしない」ことの徹底、となるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから