IBM、150億ドルの自社株買い承認を発表

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年02月27日 13時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMの取締役会は米国時間2月26日、同社の成長戦略にとって不可欠な要素である150億ドルの自社株買いを承認した。

 IBMは2008年には120億ドルを自社株買いに充てる予定だと発表した。株式は現金で購入する意向だ。

 過去5年間にわたって、買収(特にソフトウェア分野)と自社株買いがIBMの成長目標達成のための主要な手段となっている。

 「自社株買いはこの価値を実現するための手段の1つというだけでなく、1株あたりの利益成長を目指すIBMの2010年のロードマップにおける重要な要素の1つでもある」とIBMの会長兼最高経営責任者(CEO)であるSamuel Palmisanoは声明で述べている。

 IBMでは、自社株買いによって以前に発表した2008年の1株あたり利益予測に5セント上乗せされることが見込まれると述べている。IBMでは現在、通期の1株あたり利益を少なくとも8.25ドルと見込んでいるが、これは前年比16%増である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!