セカンドライフでコミュニケーションを豊かにするジャスチャー!(ZDNet Japanブログより)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社) 2008年02月29日 19時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、新たなコーナー「モーション」の始まりだ。 今回からよりブログ形式になってより見やすくなった。
※以前の「Second Life新世界的ものづくりのススメ 」 その1〜37は下記URにて楽しめます。 こちらもどうぞご覧ください! http://japan.zdnet.com/sp/feature/07sp0040/

 それではさっそく始めよう。
「モーション」とは動きの総称で、このセカンドライの中では、他のアバターとの「ジェスチャー」と「アニメーション」から構成される。

 1.コミュニケーションの方法
通常他のアバターとのコミュニケーションは「チャット」で行う。 近くに人がいれば画面左下のマル1のチャットボタンを押して、マル2のチャットボックスに「こんにちは」と入力後ENTER!と押せば、下図のように会話できる。このチャットは通常半径20mにいるアバター全員に対して聞こえる。 この方法は、コミュニケーションでは「バーバルコミュニケーション(言語コミュニケーション)」と言われており、実はこの言語コミュニケーション方法は “話し手の印象”の7%しか伝わらないことが心理学者によって確かめられており、残り93%の部分がノンバーバルコミュニケーション(身体コミュニケーション)で伝わると言われています。

 現在のセカンドライフではまだアバターの表情やしぐさ、などのノンバーバルコミュニケーションは発達途中だが、それでも単なるチャットだけ、よりも、アバターのジェスチャーなどの身体な表現がコミュニケーションを豊かにすることは間違いない。 それでは、こういった、単なるテキストチャットよりもさらに進んだコミュニケーションを学んでいこう。

全文はこちら--「Second Life新世界的ものづくりのススメ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから