Windows Liveの不具合はまだ続いているのか?:MSからの回答

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年02月29日 17時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多数の「Windows Live」ユーザーが米国時間2月26日に丸1日のダウンタイムを経験した。この不具合の原因についてMicrosoftは説明しなかったが、26日には問題が解決したと主張していた。しかし一部のユーザーは、今でも引き続きこのサービスにアクセスするのに問題があるようだ。

 Times Onlineの2月28日付けの記事は、Microsoftの「Hotmail」「Live Messenger」またその他のユーザーの多数が、依然として各自のアカウントにアクセスできないでいると報じていた。26日には、この広範な不具合は、Microsoftのウェブメール、インスタントメッセージング、フォトシェアリング、またその他のサービスの世界中のユーザーに打撃を与えた。

 筆者はMicrosoft関係者に再び、新たな説明を求めた。28日遅く、Windows Livesプロダクトマネージャーを務めるSamantha McManus氏から、次の情報を受け取った(われわれブロガーや報道仲間が今週引用し続けてきた人物だが、誰も彼女と実際に話したことがないと賭けよう):

 「今週は2つの関連性のないネットワーク問題が原因となり、顧客の一部はWindows Liveサービスにうまくアクセスできなくなった。最初の問題は火曜日に数時間継続し、世界中の顧客の一部が、Live IDを利用している全てのアカウントにログインするのを困難にさせた。これとは無関係の第2の問題は、第1の問題が解決した後まもなく起こり、特に「Windows Live Hotmail」にアクセスしようとする少数の顧客に影響を及ぼした。われわれは今では両方の問題を特定し、対応し、顧客は現在では再び各自のサービスにアクセスすることができるはずだ。

 「これらの問題が顧客にもたらしたご不便や混乱についてはいずれも心からお詫びしたい。顧客はWindows Liveの体験で高水準のサービス信頼性を期待するようになっている。今回の問題の調査を通して特定した情報を利用することで、われわれの環境をさらに強化して、将来的にグローバルな「Online Services」顧客のために業務を遂行し続けるつもりだ。」

 筆者は今でも、引き続きOfficeサービスにアクセスするのに問題があるという個人からの電子メールを受け取り続けている。筆者は「Office Live Small Business」と「Office Live Workstation」も今週の不具合による影響を受けたかと質問したところ、この質問についてはまだ最新情報を受け取っていない。

 Windows LiveまたはOffice Live、その他のLiveサービスでアクセス問題を経験している人がまだいたら教えてほしい。

 (Times Onlineによる不具合の記事を指摘したLiveSide.Netに感謝する。)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR