システムエグゼ、DB開発時の疑似データ自動作成&レポート発行ツール「DB Secure Utility」発売

CNET Japan Staff 2008年02月29日 21時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システムエグゼは2月29日、データベース開発において、個人情報漏えいを防止しながら、本番データ使用時と同等の高精度なテストおよび検証を可能にするソフトウェア「DB Secure Utility(DBセキュア・ユーティリティ)」を発表した。Oracle対応版が同日より販売開始されている。

 「DB Secure Utility」は、「自動解析機能」と「疑似データ変換機能」により、本番データからテスト・検証用の擬似データを安全に自動的に作成するユーティリティ。擬似データ変換機能は、従来の単純なマスキング変換と異なり、自動解析機能により元データの文字列の意味を解釈して、個人情報と判断されるテーブルの氏名、住所、電話番号などの情報を類似した内容の文字列に変換する。これにより、情報漏えいリスクを回避しつつ、本番データを使用したテスト・検証と同等の成果を得ることができる。また、データは自動的に生成されるため、テスト用データ作成の負荷が軽減される。

 開発工程でより精度の高いテストを実施できるほか、システム稼動開始後の問題発生時にも、容易に再現対応できるため、迅速な問題解決につながるという。

 DB Secure Utility、Oracle/Windows 2003 Server対応版の価格は、1サーバ当たりのライセンス販売価格が480万円(税別)。レンタル価格が、1年間当たり200万円(税別)。出荷は2008年3月5日を予定しており、同社のソリューション販売子会社であるエグゼソリューションズを通じて販売される。

 システムエグゼでは、Oracle対応版「DB Secure Utility」に続いて、DB2およびMicrosoft SQL Server対応版も開発予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR