SMPの構成情報として、ACPIのテーブル情報を使用することを宣言するメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年03月03日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Using ACPI (MADT) for SMP configuration information

対処

通知情報のため、特に対処はない。

説明

システム起動時に、SMPの構成情報として、ACPIのテーブル情報を使用することを宣言する。ACPIのMADT(Multiple APIC Description Table)に設定されたAPIC情報を使用する場合に表示されるメッセージである。

MADTではなく、BIOSが用意するMPテーブル(MPコンフィギュレーションテーブル)に設定されたAPIC情報を使用する場合は、以下のメッセージが表示される。

Using ACPI for processor (LAPIC) configuration information

APIC(Advanced Programmable Interrupt Controller): x86アーキテクチャのマルチプロセッサ環境で使用するための割り込みコントローラ。CPUに内蔵されるローカルAPICと、I/Oからの割り込みを管理するIOAPICの2種類が存在する。

ACPI(Advanced Configuration and Power Interface): 電源制御と構成要素に関する公開された統一規格。MADT(Multiple APIC Description Table)は、APICの構成情報を持つACPIのテーブル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR