パナソニックがフィリピンに工場を設置したワケ(ZDNet Japanブログより)

若井 直樹 2008年03月04日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィリピン最大のモールである「Mall of Asia」には、サイエンス・パークが設置されている。ここでは、体の仕組み、ロボットの歴史などが学べ、プラネタリウムのような設備で天体について学ぶことができる。サイエンス・パークの入場料は、大人一人330ペソだったと思う。

 400ペソという金額だが、一般的なワーカーの昼食代がおおよそ60ペソから80ペソ、マカティ市の最低賃金が日給で390ペソくらいであることを考えると、とんでもなく高いといえる。子供たちをここへ連れて行きたいがために、親兄弟はとんでもなく苦労することになる。

 チャットなどでいろいろな人々と話していると、多くの人が海外で仕事をしたがっている。中には、本当にこの国を捨てたいと思っている人すらいるのだ。優秀な頭脳、優秀な働き手から、海外に流出している。もしこの国が、雇用と社会システムを改善できなければ、本当にとんでもないことになるのではないかと危惧する。

全文はこちら--「アジアIT通信」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR