MSが屈服:IE8のデフォルトは「super-standards」モードに

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年03月04日 11時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 開発者やユーザーからの激しい抗議を受けた後、Microsoftは圧力に屈し、Acid2テストに合格した新たな標準モードを「Internet Explorer 8」(IE8)のデフォルトとする予定である。

 Microsoft関係者は、この予定変更の理由を同社が数週間前に発表した相互運用性の約束を果たしたいためだと述べている。(まあいいではないか!180度方向転換をする本当の理由を言うことは何も悪いことではない。中心的支持者の2社は本当に怒っていた。)

 MicrosoftのIEチームは1月に、IE8に「super-standards」モードを追加する計画を概説していた。本モードは、Microsoftのブラウザの次期バージョンがサポートする3つのうち1つとなる予定である。(ほかの2モードとは、現在のIEページとアプリケーションとの互換性を有する「quirks」モードと、「現在のコンテンツと互換性を有する」もので、「IE7」が提供するものと同じ「standards」モードである。)Microsoftによると、 super-standardsモードでは、IE8の初期内部ビルドがAcid2標準テストに合格したという。

 Microsoftは当初、この「super-standards」モードをオプトインの選択肢とし、IE7と同じ「standards」モードをデフォルトとすることを予定していた。そうすることで、既存のウェブサイトやアプリケーションとの優れた後方互換性を確保できるとMicrosoftは主張していた。しかしこの判断は、MicrosoftがIEの標準遵守性を改善するという約束を回避しようとしていると考えた人々を憤慨させた。

 Opera Softwareが12月、MicrosoftはIEを主要なウェブ標準に従わせることを怠ったとして独占禁止法に基づく苦情を申し立てたことを忘れてはならない。Microsoftの米国時間3月3日の報道発表によると、Operaの(または他競争業者の)苦情が、Microsoftの予定変更を説得するのを助けたようにみえる。Microsoftのシニアバイスプレジデント兼ジェネラルカウンセルを務めるBrad Smith氏の発言を確認してみよう。

 「当該ブラウザのデフォルトとしてどのレンダリングモードが選択されるべきかについて命じるような法的要求は現在いっさい存在しないと考えているものの、今回のステップは明らかに、このような疑問が法的または規制的問題となる可能性を取り除くものである」(Microsoftのシニアバイスプレジデント兼ジェネラルカウンセルを務めるBrad Smith氏)

 結局のところ、Microsoftがこのような変更に踏み切った本当の理由はともかくとして、IE8でstandards-modeをデフォルトにするという判断は、多くの人を喜ばせることになるだろう。後方互換性に関する影響は、まもなく明らかになると思われる。今となってはMicrosoftがいつIE 8のプライベートベータテストを開始することになっても、そしてパブリックベータテストが続いても、おかしくないと予期されているためだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR