2007年国内SaaS市場、前年比18.6%増の急成長--2012年には738億円規模に

奥山順子 2008年03月05日 18時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  IDC Japanは3月5日、2007年の国内SaaS市場実績と2012年の予測を発表した。

 発表によると、2007年の国内SaaS市場は新規大型導入案件により前年比18.6% 増の320億円に拡大。技術的障壁が低下し準備段階から実用段階に移行したとしてい る。

 2008年以降は、パッケージソフトウェア/ソリューションベンダーや通信事業 者などの本格的参入やユーザビリティ向上への施策、コミュニティの設立など環境が 整いつつあることから市場は高い成長を維持、2007〜2012年の年平均成長率は 18.2%、2012年の市場規模は738億円に達する見込み。

 同社のITサービスリサーチマネージャーの松本聡氏は「現在、同市場に参入す る企業は後を絶たず、ベンダー間の競合状況が急速に激しさを増している。一方、国 内SaaS市場企業は、既存のパッケージアプリケーション/アウトソーシング市場と比 較するとまだ小さく、限られた市場における過剰なベンダー/サービスといった状況 に陥る懸念がある」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!